PR

 住友商事とNTT東日本は2012年7月23日、NTT東日本のセットトップボックス(STB)「光BOX2」を使って、住友商事が提供する「サミットネットスーパー」をテレビで利用できるサービス「テレビではじめよう!サミットネットスーパー」を2012年7月24日に開始すると発表した。

 テレビではじめよう!サミットネットスーパーは、操作画面をテレビ端末専用にカスタマイズしたアプリケーションを使って利用する。アプリは「フレッツ光」の利用者向けにNTT東日本が提供する「光BOX2」にあらかじめインストールして提供する。簡単なリモコン操作で利用が可能で、パソコンやスマートフォンなどのIT機器の利用に不慣れなユーザーの取り込みを狙う。

 サービスに申し込んだ際の情報(利用者名、商品の届け先、支払い方法など)をあらかじめ「光BOX2」に登録した状態で提供する。そのため、ユーザーは煩雑な初期登録の作業なしで利用できる。利用する光BOX2は、通常の端末価格8400円に加えて、サミットアプリケーションインストール費用として5250円がかかる。

 両社は「サミットネットスーパー」と「フレッツ光」の両方を新規に、あるいはどちらか一方の既存ユーザーが他方を新規に申し込んだ場合を対象とした「テレビではじめよう!ネットスーパーキャンペーン」を実施する。対象者には、光BOX2やサミットネットスーパーで利用できるクーポンなどを提供する。ただし、対象となるには利用ISPの指定やオプションサービスの申し込みなど、細かい条件がある。

[発表資料へ]