PR
写真●VOYAGE GROUPが導入するOracle Databese Applianceの外観
写真●VOYAGE GROUPが導入するOracle Databese Applianceの外観
[画像のクリックで拡大表示]

 インターネット関連事業のVOYAGE GROUPは2012年8月初旬に、日本オラクル製の中規模企業向け高可用性データベース専用機「Oracle Database Appliance」(写真関連記事)を導入する。同社が運営する価格比較サイト「ECナビ」のサービスを提供するバックエンドのシステム基盤として利用する。導入支援サービスを提供しているアシストが7月23日に発表した。

 ECナビでは現在、システム基盤を見直す「刷新プロジェクト」を進めている。専用機を先行導入してアプリケーションテストや運用テストを進め、2012年12月までに専用機を使った新システムに移行する計画だ。

 Oracle Database Applianceは物理サーバーやストレージ、OS(Oracle Linux)やミドルウエアを1つのきょう体(4U分のラックマウント型)にまとめている。ECナビの現行のシステム基盤に比べて、ラックの占有領域やデータセンターのコストを約3分の1に抑えられる。

 高可用性データベースにかかわるハードウエアとソフトウエアは、日本オラクルが一体的に提供する。このため、拡張性などに一定の制約があるものの、ハードとソフトの相性に起因する障害が発生しにくくなる。ECナビは新システムでシステム基盤にかかわるコストを削減しつつ、Webサイトでの新機能投入や新規事業開発に経営資源を集中させる。