PR

 レッドハットは2012年7月24日、分散キー・バリュー型データストア(KVS)「JBoss Data Grid 6.0」の国内での提供を開始した。同社のミドルウエア「JBoss Enterprise Application Platform」のバージョンに合わせ6.0となっているが、米国で2012年6月に発表された新製品である(関連記事 : Red Hat、JBossのKVSやビジネスルール管理システム新版を披露)。

 JBoss Data Gridは複数のサーバーをクラスタ化し、メモリー上にデータを複製しながら保持するソフトウエア。サーバーを負荷に応じて追加したり減らしたりすることで処理能力を増減できる。「ユーザーセッション情報のデータ処理やグローバルレベルでの出荷のトラッキング情報のデータ処理、大規模なネットビジネスにおけるコンテンツ配信環境の構築」(レッドハット)などでの利用を想定している。

 JavaのAPIのほか、memcached互換API、REST Web API、レッドハット独自のデータストア用APIであるHod Rodを提供している。

 サブスクリプション価格は、16コアあたり年額249万6000円(税別)。

■変更履歴
タイトルで「Gird」としていましたが、「Grid」です。お詫びして訂正します。本文は修正済みです。 [2012/07/25 08:67]