PR
ビデオチャット機能「Hangout」の利用画面
ビデオチャット機能「Hangout」の利用画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Googleは現地時間2012年7月30日、独自SNS「Google+」のビデオチャット機能「Hangout」をインターネットメールサービス「Gmail」に導入すると発表した。Gmailでは2008年よりピア・ツー・ピア技術をベースにしたビデオチャット機能を提供していたが、これをより高品質なHangoutに置き換える。

 Hangoutにアップグレードすることにより、Gmailを使用中の相手だけでなく、WebブラウザーやAndroidおよびiOSデバイスからGoogle+にアクセスしているユーザーとビデオチャットが楽しめる。

 従来のように1対1で行う会話のほか、最大9人で同時にグループチャットしたり、「YouTube」ビデオを一緒に視聴したり、「Google Docs」上のドキュメントを共同編集したり、画面を共有したりできる。

 GmailへのHangout導入は、同日より数週間かけて段階的に実施する。

[発表資料へ]