PR

 サイオステクノロジーは2012年8月1日、Windows Azureのクラウド環境でオープンソースソフトウエア(OSS)を利用する企業向けに、サポートサービス「サイオスOSSよろず相談室 for Cloud」の提供を開始した。

 サイオスOSSよろず相談室 for Cloudは、Windows Azure上に構築されたOSSベースのシステムを対象としたヘルプデスク型の有償サポートサービスだ。同社のテクニカル・サポート・スタッフが、企業がOSSを活用する際に発生する様々なトラブルに対して、回避策やアドバイスを行う。

 同社は、2007年6月からオンプレミスのシステムを対象としたOSSサポートサービス「サイオスOSSよろず相談室」を提供しており、今回の新サービスは、サイオスOSSよろず相談室のサポート範囲をクラウド環境まで拡大したもの。両サービスともサポート対象のOSSは共通で、OSやデータベース関連、ネットワーク・認証関連、Javaフレームワーク関連、仮想化関連、負荷分散など80種類以上のOSSに対応する。

 同サービスの提供に際して、同社は同日、日本マイクロソフトとOSSのサポートサービスに関するパートナー契約を締結した。