PR
画面●「@cosme×モニプラ for Facebook」のキャンペーン一覧画面
画面●「@cosme×モニプラ for Facebook」のキャンペーン一覧画面
[画像のクリックで拡大表示]

 化粧品口コミサイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルと、ソーシャルメディアを使ったマーケティングサービス「モニプラ」を手がけるアライドアーキテクツは2012年8月1日、業務・資本提携することで合意したと発表した。

 提携第1弾の新サービスとして、8月上旬に「@cosme×モニプラ for Facebook」を始める(画面)。化粧品メーカーが@cosme上で展開している「ブランドファンクラブ」と、モニプラのFacebookアプリを自動連携させる仕組みだ。

 顧客である化粧品メーカーにとって、Facebook上で口コミを拡散させやすい。化粧品利用者の好みや肌質などの情報をFacebook上のアンケートなどで取得してマーケティング活動に反映させやすいメリットもある。

 両社は、1年以内に新サービスで100社の顧客企業獲得を目指す。これは、@cosmeに情報を掲載している化粧品メーカー約1000社の1割に当たる。

米国主導でソーシャル競争激化

 アイスタイルは自己資金で、アライドアーキテクツ株式の一部を取得する。株式数や払込価額などは未定。

 アライドアーキテクツと同様の企業向けマーケティング支援サービスは米Oracle傘下のInvolver(関連記事)や、米Salesforce.com傘下のBuddy Mediaなども手がける。7月31日には米Googleが、Wildfireの買収を発表(関連記事)したばかりで、米国IT大手が主導する競争が激化している。

 アライドアーキテクツは、アイスタイルから得た資金をソーシャルメディアを使ったマーケティングサービスの強化に充て、グローバル競争に備えたい考えだ。

 アイスタイル(関連記事)は化粧品に特化した口コミサイトの@cosme事業で成長し、2012年3月に東証マザーズに上場した。@cosmeの月間訪問者数は約590万人。独立企業だが、ヤフーが大株主になっている。

 アライドアーキテクツ(関連記事)は住友商事出身の中村壮秀氏が2005年に設立した企業で、経営陣のほか、住商や大手ベンチャーキャピタルが出資している。Facebook版「モニプラ」アプリの累計インストールユーザーは約20万人で、Facebook上で最大級のユーザー基盤を持つ。