PR

 米betaworksに買収されたソーシャルニュースサイト「Digg」は現地時間2012年8月1日、構築し直した新生サイトを公開したと発表した。Web版のほか、「iPhone」向けとモバイルブラウザー向けが利用可能。

 betaworksは、Diggを低予算で少数精鋭による機敏なスタートアップに戻すための計画を7月20日に明らかにしていた。betaworks傘下のソーシャルニュース収集サービス「News.me」を手がけていたエンジニア、デザイナー、エディターから成るチームが、8月1日までに新たなインフラに移行することを目指し、新しいコードベースで再構築に取り組んだ(関連記事:betaworksが「Digg」を再構築、8月1日に新生サイトを開設)。

 今回、「Diggを新しいコードベースとインフラ上で稼働させる段階に達した」として新生サイトの「バージョン1」を7月31日にプレビュー公開した。今後、数週間あるいは数カ月かけてDiggの向上を図る。News.meと同様のネットワークベースのパーソナル化機能を追加するほか、コメント機能の実験的導入、モバイル版の強化、APIの公開などを予定している。「Reading List」のような機能の導入と、注目記事に関するさまざまな見解や特定の記事を理解する上で役に立つデータの提供なども検討している。

[発表資料へ]