PR
写真●「ビジネスgoo for BYODβ版」の利用イメージ(NTTレゾナントの資料より引用)
写真●「ビジネスgoo for BYODβ版」の利用イメージ(NTTレゾナントの資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTレゾナントは2012年8月6日、企業向けグループウエアSaaS「ビジネスgoo」の、BYOD (Bring Your Own Device)対応を強化したAndroidアプリ「ビジネスgoo for BYODβ版」の実証実験を開始した。データを暗号化して保存、ビジネス領域とプライベート領域を分離、遠隔からのデータ消去といったセキュリティ機能を備える。

 BYODを想定したセキュリティ機能は以下のとおり。

(1)ダウンロードしたファイルは暗号化された状態で端末に保存する。利用時にユーザー認証すれば、オフラインでの利用も可能。

(2)スマートデバイス内のビジネス領域とプライベート領域を分離し、ビジネス領域のみを管理することによりプライバシーに配慮した。

(3)ビジネス領域の遠隔からの削除(リモートワイプ)により、端末紛失時の情報漏洩を防ぐ。

 「ビジネスgoo for BYODβ版」はGoogle Playからダウンロードできる。料金は、実証実験期間は無料。ただし別途「ビジネスgoo」の申込が必要となる。