PR
戦略的提携の覚書を締結した米Microsoftと中国PPTV
戦略的提携の覚書を締結した米Microsoftと中国PPTV
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2012年8月6日、中国オンラインテレビサービスプロバイダーのPPTVと戦略的提携の覚書を締結したと発表した。PPTVは、Microsoftのクラウド基盤「Windows Azure」を利用したテレビサービスプラットフォーム「PPTV Asia TV Networks(ATN)」を展開する。Microsoftが中国の新興メディア企業とクラウドプラットフォームに関して提携するのはこれが初めてという。

 PPTVはWindows AzureをPPTV ATNのコアインフラとして導入し、クラウドベースのインターネットテレビサービスを展開して需要増加に対応する。PPTV ATNは、世界のコンテンツ、ライブ映像、ビデオオンデマンド(VOD)を、テレビだけでなく各種デバイスに向けて配信することを目指す。

 地域のサービスプロバイダーは、高額な資金や技術的専門知識がなくても手軽に幅広いコンテンツライブラリーにアクセスできる。世界のコンテンツプロバイダーは自社コンテンツをPPTV ATNのライブラリーにアップロードして、さまざまなサービスプロバイダーにライセンス供与し、収益の分配を受けられる。

 PPTVのChuang Tao最高経営責任者(CEO)はWindows Azureを選んだ理由として信頼性と拡張性、世界規模の可用性を挙げ、「これによりPPTVの国際的拡大を加速できる」と述べた。

 また両社は、次世代中国市場のニーズに応えるためのオンラインテレビやメディアサービスプラットフォーム、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)に関して引き続き協業の機会を探るとしている。

[発表資料へ]