PR
写真●CA ARCserve Replicationの画面(帯域制御スケジュール)
写真●CA ARCserve Replicationの画面(帯域制御スケジュール)
[画像のクリックで拡大表示]

 CA Technologiesは2012年8月9日、データバックアップソフト「CA ARCserve」の関連ソフトで、バックアップデータなどの任意のデータをレプリケーション(複製)するソフトの新版「CA ARCserve Replication r16 SP2」(写真)を発表した。8月22日から出荷する。新版では、遠隔拠点へのレプリケーションを支援する機能を強化した。

 価格(税抜)は、基本機能(ストレージのデータを他のストレージにリアルタイムに複製する機能)を提供するARCserve Replicationが、9万8000円から。上位製品で、レプリケーションに加えて障害検知時の縮退運転機能を備える「CA ARCserve High Availability r16 SP2」が、22万8000円から。いずれも、Windows Server上で動作する。

 新版(r16 SP2)では、データを遠隔拠点にレプリケーションする際に便利な機能を強化した。強化点の一つは、NAT(アドレス変換)機能の追加である。別の手段でVPNトンネルなどを用意することなく、社内LAN上のサーバーとインターネット上のサーバー(IaaS)などの間で、相互にデータをレプリケーションできるようになる。

 二つ目の強化点は、帯域制御機能である。新たに、曜日や時間帯に応じて異なる帯域制御ポリシーを使い分けられるようにした。これにより、「平日の日中はレプリケーションのための割り当て帯域を絞ることでユーザーのインターネット利用帯域を確保し、ユーザーがインターネットを利用しない休日は帯域制御をかけない」といった運用ができるようになる。

 新版ではまた、いくつかの機能を強化した。例えば、Active Directoryドメインに参加していないワークグループのサーバー間でも、ファイル/フォルダーのNTFSアクセス権(ACL)を複製できるようにした。複製先でアクセス権を設定する必要がなくなるので、ファイルサーバーなどの災害対策が簡単に行えるようになる。