PR

 中部テレコミュニケーションは、光ファイバーインターネット接続サービス「コミュファ光」において、IPv6によるインターネット接続への対応を2012年8月22日に開始すると発表した。FTTH向けのPPPoEデュアルスタック方式による対応は国内初という。

 シングルセッションによるデュアルスタックを実現しており、ユーザーは新たなIDやパスワードを管理したり、ホームゲートウエイ(HGW)の設定を変更したりせずにIPv6を利用できる。

 CTCはこれと併せて、2012年8月8日にコミュファ光ポータルサイト(http://www.commufa.jp/)をIPv6対応にし、接続状況を確認できるアイコンを設置した。

[発表資料へ]