PR
写真●AOSテクノロジーズのWindows向けバックアップソフト「ファイナルTimelineバックアップ 8 PC Pro版 ダウンロード版」
写真●AOSテクノロジーズのWindows向けバックアップソフト「ファイナルTimelineバックアップ 8 PC Pro版 ダウンロード版」
[画像のクリックで拡大表示]

 AOSテクノロジーズは2012年8月9日、Mac OS Xが搭載している「Time Machine」のように、ユーザーが希望する過去の任意日時(時間帯)の状態へファイルを復元できるようにする仕組みを備えたWindows向けバックアップソフト「ファイナルTimelineバックアップ 8 PC Pro版 ダウンロード版」(写真)の販売を開始した。価格は6000円で、同社直販サイトからダウンロード購入する。

 同ソフトをインストール後、一度だけバックアップ対象やスケジュールを設定すれば、あとはスケジュールに沿って自動的にバックアップ処理が実行され、任意日時への状態復元が可能になる。スケジュールバックアップの合間に、ユーザーが任意のタイミングでバックアップ処理を強制実行させる機能も備えている。

 バックアップ対象となるファイルは、「メール」や「Officeファイル」「画像ファイル」「音楽ファイル」などのジャンルで指定できる。ジャンルを指定した場合、ファイナルTimelineバックアップが自動的にパソコン内をスキャンして関連するすべてのデータをバックアップする。エクスプローラー形式で特定のファイルを指定してバックアップさせることも可能だ。

 OSの重要ファイルが破損するなどの理由により、Windowsが起動しなくなった場合でも以前の起動可能な状態に復元できるようにする「ディザスタリカバリー」機能や、iTunes経由で同期しているiPhone/iPad/iPod touchのデータをバックアップできる機能なども搭載。無料の専用アプリを使ってバックアップ実施状況をiPhone/iPad/iPod touchで確認できるようにする仕組み(スマートフォンモニター)も用意している。

 動作要件は、日本語版のWindows XP/Vista/7が動作するパソコンで(Vista/7は64ビットOSも対応)、米インテルのPentium 4プロセッサー相当以上のCPUおよび512Mバイト以上のメインメモリー(1Gバイト以上推奨)、200Mバイト以上のハードディスク空き容量(インストールに必要な容量)などとなっている。