PR

 ヤフーは2012年8月20日、同社が運営するポータルサイト「Yahoo!JAPAN」へのログイン方法に、ワンタイムパスワード認証を導入した。利用は無料。同社サイトで利用設定を行うと、従来のYahoo!JAPAN ID/パスワードによる認証成立後にワンタイムパスワードの入力を求められるようになる。

 ワンタイムパスワード認証とは、自動生成される1回限り有効な使い捨てパスワードを入力してユーザーを認証する方法である。Yahoo!Japanでワンタイムパスワードの利用を設定すると、ID/パスワードによるログイン操作のたびに、あらかじめ指定したメールアドレスにワンタイムパスワードを記したメールが届くようになる。

 ワンタイムパスワードを使って、ユーザーはPC、スマートフォンのWebブラウザで利用できるすべてのYahoo!JAPANサービスへログイン可能だ。一度、ワンタイムパスワードでログインしたPCでは、次回以降ワンタイムパスワード認証を不要にするといった設定もできる。