PR
図●「NFCで街コンつく~る」の概要(ブリリアントサービスの発表資料より引用)
図●「NFCで街コンつく~る」の概要(ブリリアントサービスの発表資料より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブリリアントサービスは2012年8月20日、NFC対応Android端末とクラウドを組み合せた街コン向けシステム「NFCで街コンつく~る(NFC街コン)」のサービスを開始したと発表した。

 「街コン」は、参加者が商店街の飲食店を回り、出会いを楽しむイベント。街おこしイベントとして地方の商店街などが開催している。「今や全国都道府県で一斉に広がったこの活動モデルでは、参加者の顧客情報を取り扱う情報管理の不十分という課題や、また、一部の店舗への参加者の偏りによるイベント当日の各店舗の混雑状況の平準化などの課題も存在している」(ブリリアントサービス)。

 「NFC街コン」では、参加者情報をクラウド管理、NFCで入退店情報を取得することにより、リアルタイムで人の流れを把握できる。具体的にはイベントスタッフが持つAndroidスマートフォンで、参加者のICチップ付きリストバンドをタッチすることで入退店をチェック。リアルタイムに全店舗の席数状況を表示できるという。

 すでに、濱コン事務局が8月17日に開催した「第1回濱コン・Under30」でプレリリースとしてシステムを提供した。9月8日に開催される「第6回濱コン@関内」で正式リリースを行う予定。

 利用料金は1日50万円から。Androidスマートフォンの貸し出しも行う。