PR
写真●ヤフーがYahoo! JAPAN内に開設したeコマース向けアプリケーション販売専門サイト「Yahoo!アプリ コマースパートナー」
写真●ヤフーがYahoo! JAPAN内に開設したeコマース向けアプリケーション販売専門サイト「Yahoo!アプリ コマースパートナー」
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーは2012年8月22日、同社が運営するポータル「Yahoo! JAPAN」内に、eコマース(電子商取引、EC)向けアプリケーションに特化したアプリ紹介および販売サイト「Yahoo!アプリ コマースパートナー」(写真)を開設した。

 「Yahoo!ショッピング」や「Yahoo!オークション」の出店者を中心とするeコマース事業者が主なターゲット(購入対象者)となる。ヤフーによれば、上記二つのサービスを合わせると、購入対象となる事業者は約3万7000社に上るという。加えて、Yahoo! JAPANの法人向けID「Yahoo! JAPANビジネスID」を取得している事業者も対象になると同社では説明している。

 サイトには、Yahoo! JAPANが事前に審査したアプリケーションのみを掲載するという。アプリケーションは、(1)過去相場・市場分析、(2)商品・出品管理、(3)受注・在庫管理、(4)顧客管理・CRM、(5)デザイン・ページ制作、(6)集客・広告・SEO、(7)ソーシャルメディア最適化、(8)iOS・Android最適化、(9)発送・物流サポート---の9カテゴリーに分類されて掲載される。掲載するアプリケーションの開発者に対しては、利用者への課金業務を代行する決済機能も提供する。

 8月23日現在、同サイトにおいて販売している、あるいは近日販売開始予定のアプリケーションは、

  • ヤマトキャリアサービスの「タッチパネルECアプリ」(iPhone/iPadアプリ作成)
  • アクアリーフの「助ネコ 通販管理システム」(受注・在庫一元管理)
  • SAVAWAYの「サバスタ」(受注・在庫・商品一元管理)
  • StrapyaNextの「ネクストエンジン」(受注・在庫一元管理)
  • エターメントの「複数ネットショップ管理システム『タテンポガイド』」(受注・在庫・商品一元管理)
  • 特攻店長の「特攻店長」(受注・在庫・商品一元管理)
  • ハングリードの「多店舗在庫管理システム『zaiko Robot』」(在庫一元管理)
---の七つとなっている。