PR
写真●LaCie d2 network2の外観
写真●LaCie d2 network2の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 エレコムは2012年8月29日、同社としては初めてとなるファンレス型のNAS「LaCie d2 network2」(写真)を発表した。空調用ファンを備えないため、オフィスの机上に置いても静かに運用できる。9月上旬に提供開始する。ストレージ容量は2Tバイトで、店頭での予想価格は2万3800円(税込み)。開発会社は仏ラシー(LaCie)。

 最大の特徴は、ファンレスであること。一般的に、NAS専用機器は小型に作られているため、タワー型のデスクトップパソコンなどと比べて、ファンの騒音が大きい。これに対してLaCie d2 network2では、表面積を大きくした金属(アルミニウム)のきょう体とすることで放熱効率を高め、ファンを廃している。電源は、ACアダプターで供給する。

 基本的な仕様は、2Tバイトのディスクを1台搭載したNAS(CIFS/NFS、FTP/HTTP)である。外部ストレージを接続してNASの容量を拡張するためのUSB2.0ポート(type A)とeSATAポートも搭載する。パソコンの直結ストレージ(DAS)として使うためのUSB 2.0(type B)も1基備える。外形寸法は、幅60×奥行167×高さ183mmで、重さは1.7kg。ネットワークポートは1000BASE-T(RJ-45)×1。

 同社のNAS製品は、法人向けとSOHO/個人向けに大きく分かれており、法人向け製品は、さらにWindowsベースのハイエンド製品とLinuxベースのエントリー製品に分かれている。LaCieシリーズは、主に法人向けのエントリー製品に相当する。今回のLaCie d2 network2は、法人や個人向けに提供する。