PR
写真1●Evernote Businessのページ
写真1●Evernote Businessのページ
[画像のクリックで拡大表示]

 米エバーノートは、2012年8月24日に開催した開発者向け会議「Evernote Trunk Conference」(ETC)で中小ビジネス向けのサービス「Evernote Business」を発表した。同年12月からサービスを始める。既に専用サイトを公開しており、ベータ版利用や先行情報入手のための事前登録ができるようになっている。

 今回の提供の背景にあるのは、同社自身の成長だという。「創業時に10人で始めた企業が今では200人規模の企業に成長し、もっと生産性が上がり、幸せになるソフトウエアが必要になった」(フィル・リービンCEO)結果だという。ターゲットは、エバーノートのような中小規模の企業および、大企業内の小規模グループだ。同社が従来から掲げてきた「自分たちが作りたいものを作る」の「自分たち」を、個人から法人に拡大したかたちだ。

 具体的な機能として用意されるのが「管理者用コンソール」。企業の担当者向けに、ユーザーの追加や削除、アクセス権限の制御などができるようにする。さらに、特定の「Evernote Businessノートブック」を用意し、ここに保存されたコンテンツは企業側が管理できるようになる。個人アカウントのコンテンツは、従来通り個人管理となる。

 企業アカウント取得による、個人アカウントへの優遇策も用意する。Evernote Businessに登録した法人の社員は、ビジネス用メールアドレスを入力するだけで、個人のEvernoteアカウントをアップグレードできる。

 このほか、企業利用向けのカスタマーマネージャーを置き、質問や要望を受け付ける、クレジットカードあるいは請求書払いによる一括支払いをできるようにするなど法人向けの体制を整える。