PR
写真●PANTUM P2000の外観
写真●PANTUM P2000の外観
[画像のクリックで拡大表示]

 リサイクルトナーなどを手がけるアシスト(東京都中央区)は2012年8月30日、無料でレンタル導入できるA4モノクロレーザープリンター「PANTUM P2000」(写真)を発表した。パソコンやプリントサーバーとの間でUSBケーブルで直結して使う。9月1日に販売開始する。専用トナーカートリッジ(2300枚仕様)の価格(税込み)は、8295円。開発会社は、中国のSEINE。

 PANTUM P2000はUSB接続型の卓上型A4モノクロレーザープリンターである。最大の特徴は、契約年数1年以上(最長3年まで)の年間契約を条件に、プリンター本体を無料でレンタルすること。消耗品の専用トナーカートリッジを販売する事業モデルである。トナーの価格は、「リサイクルトナーと比べれば高価だが、正規のトナーカートリッジとしては他社製と同等程度」(同社)という。

 プリンター自体の仕様は「1万円程度の製品」(同社)であり、以下の通り。モノクロレーザープリンターであり、最大用紙サイズはA4。印刷速度は、A4で1分当たり20枚。印刷解像度は1200×600dpi。給紙は、手差しが1枚、カセットトレイが150枚。出力トレイは100枚。消費電力は平均40W、スリープモード時に6W。本体の大きさは380×260×237mmで、重さは約6kg。プリンタードライバーの稼働OSは、Windows 2000/XP/Vista/7、Windows Server 2003/2008。なお、同製品を販売するアシストは、パッケージソフト販売のアシスト(東京都千代田区)とは別の会社である。