PR
写真1●IFA 2012でDellがプレスカンファレンスを開催
写真1●IFA 2012でDellがプレスカンファレンスを開催
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年8月30日、米Dellはドイツ・ベルリンで開催されている国際コンシューマーエレクトロニクスショー「IFA 2012」の同社ブースで報道関係者向けの発表会を開催し、XPSシリーズのPC製品3機種を発表した(写真1)。

 「XPS 10」は、10インチディスプレイのWindows RTタブレット。ディスプレイとキーボードを分離することで、タブレットとして利用できる(写真2写真3)。ARMプロセッサを搭載し、非常に長時間のバッテリー駆動が可能。インタフェースは、キーボード部にUSBポートとミニHDMIポートを備える。

写真2●Dell XPS 10。Windows RTとARMプロセッサを搭載する
写真2●Dell XPS 10。Windows RTとARMプロセッサを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●キーボードを分離してタブレットとして利用できる
写真3●キーボードを分離してタブレットとして利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

 「XPS Duo 12」は、12インチのコンバーチブル型Ultrabook。ディスプレイを回転させることでタブレット型に変形するユニークな機構を備える(写真4写真5)。画面解像度はフルHDで、タッチ操作に対応。本体にはカーボンファイバー素材を、ディスプレイ保護にはゴリラガラスを採用する。

写真4●Dell XPS 12。12インチのコンバーチブル型Ultrabook
写真4●Dell XPS 12。12インチのコンバーチブル型Ultrabook
[画像のクリックで拡大表示]
写真5●ベゼル部分だけを残してディスプレイが回転、タブレット型になる
写真5●ベゼル部分だけを残してディスプレイが回転、タブレット型になる
[画像のクリックで拡大表示]

 「XPS One 27」は、27インチディスプレイのオールインワン型PC。クアッドHD(2560×1440ドット)という高解像度ディスプレイを搭載する(写真6写真7)。スタンドの角度を調整することにより、ディスプレイを寝かせることも可能。背面にUSB、有線LAN、HDMIなどのインタフェースを備える。高音質スピーカーによるエンターテインメント利用も想定している。

写真6●Dell XPS One 27。オールインワン型
写真6●Dell XPS One 27。オールインワン型
[画像のクリックで拡大表示]
写真7●2560×1440ドットの高解像度が特徴
写真7●2560×1440ドットの高解像度が特徴
[画像のクリックで拡大表示]

 いずれの製品も、発売はWindows 8が正式発売される2012年10月末以降を予定している。