PR
写真●MonacaのWeb IDE
写真●MonacaのWeb IDE
[画像のクリックで拡大表示]

 アシアルは2012年9月6日、モバイルアプリ開発フレームワーク「Monacaフレームワーク」をオープンソースソフトウエア(OSS)として公開した。iOSとAndroid向けのネイティブアプリケーションを同時に開発できる。従来クラウド型開発プラットフォームとして提供してきた(写真)が、OSS化することでXcodeやEclipseといったローカルの開発環境上でも開発可能になる。

 Monacaは、HTMLやJavaScriptでアプリケーションを開発できるフレームワーク。iOSとAndroid向けのアプリケーションを同時に開発できるフレームワークとしては米Adobe SystemsがOSSとして公開しているPhoneGapなどがあるが、「PhoneGapはiOSやAndroid向けのHTML5アプリを開発できるが、ユーザーインタフェースや動作速度の面において、ネイティブアプリケーションに見劣りする場合があった」(アシアル)。

 MonacaではUIやテンプレートなどiOSおよびAndroid向けのネイティブコンポーネントを用意することで、ユーザーインタフェースや動作速度を改善した。JavaScriptから、カメラやGPSなどスマートフォンの固有機能にアクセスするためには、PhoneGapを利用している。

 アシアルは、MonacaをWebブラウザ上でアプリケーションを作成し、ダウンロードできるクラウドサービスとして2011年7月から提供していた(関連記事)。「XcodeやEclipseといったローカルでのアプリ開発環境でMonacaフレームワークを利用したい」というニーズに応えるためOSS化した。

 MonacaフレームワークはApacheライセンスで配布する。ソースコードはGitHubを通じて公開する。