PR

 東京メトロ(東京地下鉄)と携帯電話事業者4社(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、イー・アクセス)は2012年9月13日正午から、新たに銀座線銀座駅-神田駅間と、南北線市ケ谷-後楽園駅間の地下トンネル内で携帯電話サービスの提供を始める。9月6日に発表した。

 東京メトロは2012年中に全線の地下トンネル内で携帯電話を利用可能にする方針を発表しており、8月30日に4区間でサービス提供を開始していた(関連記事)。東京メトロ広報部広報課は「トンネル内のアンテナ設置工事は一斉にはできないため、徐々に進めている。今後も準備が出来次第、随時エリアを拡大する」と説明している。

 東京メトロはホームページお知らせ欄の「通信可能エリアのご案内」で、路線内の携帯電話対応状況を案内している。

[東京メトロのホームページ]
[ソフトバンクモバイルの発表資料]