PR
写真●イオングループが生鮮食品システム用に導入した「IBM Power 770」
写真●イオングループが生鮮食品システム用に導入した「IBM Power 770」
[画像のクリックで拡大表示]

 イオングループのシェアードサービス・ITサービス機能を担うイオンアイビスは2012年6月までに、生鮮食品システムの基盤サーバーを統合した。グループ内の企業や業務ごとに分散していた6台のサーバーを、Power Systemsブランドのサーバー「IBM Power 770」(写真)2台に集約。イオングループ約20社の約500店舗が共用する。運用管理コストを従来比で約50%削減したという。基盤サーバーを納入した日本IBMが9月6日に発表した。

 イオンアイビスは、仮想化ソフト「PowerVM」を使って1台のIBM Power 770を多数の論理サーバー区画に分割して利用する。従来は他社製のUNIXサーバー1台とIBM製「IBM System i」5台に分散していた機能を新サーバーに移行させ、全て同じIBM Power 770上で処理する。OSは「IBM AIX 7.1」と「IBM i 7.1」が1台に同居することになる。イオングループ店舗における生鮮食品の発注計画業務、店舗発注、在庫管理、物流、プライベートブランド商品「トップバリュ」の輸入管理などの機能を、全て1台で処理する。

 IBM Power 770を2台導入したのは、ハイ・アベイラビリティ(HA)構成とするためで、1台でシステム障害が発生した場合でも、もう1台のシステム資源で処理を引き継ぐことができる。投資額は非公開。