PR

 米Intelは現地時間2012年9月7日、同年第3四半期(7~9月期)の業績予想を下方修正した。従来138億~148億ドルとしていた売上高予想を、129億~135億ドルに引き下げた。また第2四半期の決算発表時に報告していた2012年通期の業績見通しを撤回した。顧客が通常の第3四半期に比べ在庫を削減していること、法人向けパソコン市場が軟調に推移していること、新興国市場の需要が鈍化していることが要因としている。

 Intelは第3四半期の粗利益率予想を従来の63%(プラス/マイナス2ポイント)から62%(プラス/マイナス1ポイント)に修正し、予想幅の上限を2ポイント引き下げた。

 ただ、R&D(研究開発費)、MG&A(マーケティング・一般管理費)は従来通りで、データセンター向け事業も事前の予想通りと見込んでいる。このほかIntelは、製造装置の再利用を進める予定で、これにともない通年の設備投資額は従来予想121億~129億ドルの下限を下回るとしている。

 米メディア(Wall Street Journal)によると、先月発表された米Hewlett-Packard(HP)や米Dellの決算内容が悪かったことから、アナリストらはIntelの業績予想が下方修正されると見込んでいたが、引き下げ幅は予想以上に大きかった(関連記事:HPの5~7月期決算は88.5億ドルの赤字、EDSの減損やリストラ費用計上Dellの5~7月決算は18%減益、8%減収、パソコン販売低迷)。

 なおIntelは、2012年10月16日に第3四半期決算を発表する予定。

[発表資料へ]