PR
図●トルトコミテのサービスイメージ
図●トルトコミテのサービスイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ジュピターショップチャンネルは2012年9月12日、同社が運営するショッピング専門チャンネル「ショップチャンネル」が、産地からのライブ配信動画を使い、生鮮食品を紹介し販売する新サービス「トルトコミテ」の第1回放送を9月13日に実施すると発表した。

 ショップチャンネルでは、4月に2012年度から始まる新中期経営計画(5カ年計画)を策定し、その中でも「インターネット販売の強化・拡大」を重点施策として挙げている。現在のショップチャンネルのWebサイトは、24時間365日生放送のテレビ放送と完全連動しており、放送で紹介した商品の注文や過去の放送映像を主に提供している。今後は、テレビ放送から独立したインターネット独自の商品・番組・企画を強化・充実させていくという。

 今回サービスを開始するトルトコミテでは、生鮮食品を産地で「獲る(採る)ところ」、たとえば、漁船の上から魚が釣れるその瞬間をライブ(生放送)で中継し、そこでとれた高鮮度の商品を産地から直送で利用者に配送する。

 9月13日 8時からの第1回放送は、北海道積丹半島の東しゃこたん漁業協同組合による甘エビ漁を中継する。その後隔週ペースで、東しゃこたんのほか、長崎県五島列島の五島ふくえ漁業協同組合などの漁を生中継し、そこで獲れたエビ・秋鮭・イカなどを販売する予定。将来的には、提携する漁業協同組合や中継実施のペースを増やすとともに、取り扱う商材も拡大する。

[トルトコミテのサービスサイトへ]