PR
デジタルコンテンツプレーヤー「iPod touch」
デジタルコンテンツプレーヤー「iPod touch」
[画像のクリックで拡大表示]
小型音楽プレーヤー「iPod nano」
小型音楽プレーヤー「iPod nano」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Appleは現地時間2012年9月12日、デジタルコンテンツプレーヤー「iPod touch」と小型音楽プレーヤー「iPod nano」の新たなラインアップを発表した。

 第5世代となる新しいiPod touchは、4インチの「Retina」ディスプレイを搭載し、厚さ6.1mm、重量88gで「これまでのiPod touchの中で最も薄く軽い」(同社)。500万画素の「iSight」カメラはパノラマ撮影に対応し、1080p HDビデオを撮影可能。手ぶれ補正機能、顔認識機能などを備える。

 次期モバイルプラットフォーム「iOS 6」を採用し、音声アシスタント機能「Siri」を利用できる。「A5」プロセッサを搭載し、グラフィック性能は第4世代iPod touchと比べ最大7倍高速という。1度の充電で音楽の連続再生が最大40時間、連続ビデオ再生が最大8時間可能。

 iPod nanoは2.5インチのマルチタッチディスプレイを搭載し、厚さは5.4mmと、iPodシリーズの中で最も薄い。バッテリー寿命が向上し、連続音楽再生は最大30時間可能。ストレージ容量は16Gバイト。Bluetoothをサポートする。

 いずれもコネクターは小型の「Lightning」を採用する。新デザインのイヤホン「EarPods」が付属する。

 iPod touchは7色展開で、9月14日より予約注文を受け付ける。米国での希望小売価格は32Gバイトモデルが299ドル、64Gバイトモデルが399ドル。販売開始は10月を予定している。iPod nanoは7色展開で、10月に発売する。米国での希望小売価格は149ドル。

 またAppleはデジタルコンテンツ管理ソフトウエア「iTunes」の刷新も明らかにした。オンラインストアで扱っている音楽、アプリケーション、映画やテレビ番組の一覧や、アルバムに収録された曲目の表示がより見やすくなった。ツールバー型の「MiniPlayer」は、ライブラリーを開くことなく音楽の再生やスキップ、検索などの操作が行える。

 クラウドサービス「iCloud」との連携により各種iOSデバイスおよびMacやWindowsパソコン間で購入済みコンテンツのライブラリーを同期し、例えば映画を「iPad」で途中まで視聴して続きを「Mac」で見るといった使い方が可能。新しいiTunesは、10月に無償でダウンロード可能にする。

[発表資料(1)]
[発表資料(2)]