PR

 日立製作所は2012年9月13日、同社のサーバー論理分割(LPAR)機構「Virtage(バタージュ)」の上でLinux標準のサーバー仮想化ソフト「KVM」を稼働できるようにした。KVMの動作確認などでレッドハットが協力した。プライベートクラウドを構築する一般企業や、クラウド事業者向けに販売するとしている。

 Virtageは、日立がブレードサーバー「BladeSymphony」に搭載して販売している。Virtageを使うと、サーバーをプロセッサコア単位で論理分割できるほか、分割した区画に対して専用の物理I/Oを割り当てることができる。

 日立はVirtageとKVMを連携させる用途として、一つの物理サーバーを複数の企業/組織などで共有する「マルチテナント」構成でのテナント分離を挙げている。テナントごとにVirtageで分割した区画を割り当て、その区画の中でKVMを稼働する。こうすると、あるテナントが利用するKVMがダウンしたとしても、他のテナントには影響が及ばない。単一のKVMを複数のテナントが利用する場合に比べて、影響範囲を小さくできるとしている。