PR

 米HGSTは2012年9月13日(米国時間)、ヘリウムガスを充てんした新しいHDDプラットフォーム「シールド・ドライブ」を2013年半ばに製品化すると発表した。消費電力を抑え、内蔵するディスク枚数を増やし、耐久年数を延ばすことができる。

 通常のHDDは内部を空気で満たしているが、シールド・ドライブでは気体密度が7分の1程度と低いヘリウムガスに置き換える。これによって、ディスクやヘッドにかかる抵抗が小さくなって消費電力が減り、同社の実証テストでは、消費電力が約23%低減した。

 また、振動が抑えられることから設計の自由度も上昇。3.5型ドライブに搭載できるディスクが従来の最大5枚から7枚に増え、TB当たり消費電力は約45%改善できるという。静音性や動作温度も改善し、動作温度も4度低くなることを確認した。

 HDD内部をヘリウムガスで満たすことの利点は知られてたが、コスト面での課題とされてきた。同社は新たに、ヘリウムガスを低コストで安定して密封する生産プロセスを開発することで量産化への道をつけた。