PR

 「PlayStation Mobile」(PS Mobile)は、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が10月3日から開始する新しいゲーム配信サービスだ。ユーザーは手軽に楽しめるゲームを比較的安価にダウンロード購入できる。iPhoneの「App Store」と同じようなサービスと考えてOKだろう。

 PS Mobileの対応機器は10月3日時点でPlayStation Vitaと一部のXperiaシリーズ、Sony Tablet Sなど。いわゆる“クロスプラットフォーム”である点も特徴だ。

 9月20日から始まった東京ゲームショウ(TGS 2012)では、このPS Mobileをいち早く体験できる。SCEと、Xperiaのスマートフォンを販売するソニーモバイルコミュニケーションズのブースでは、10月3日から配信予定のゲーム15タイトルを展示中だ。

ソニーモバイルコミュニケーションズのブースではPlayStation Mobileのゲームをいち早く体験できる
[画像のクリックで拡大表示]

 その中の一つ「クルトン」はSCEが発売するアクションパズルゲーム。1~4のキューブを回転させて同じ数字を正方形にそろえる、という内容。価格は500円なので、気軽に購入できるだろう。

アクションパズルゲーム「クルトン」
[画像のクリックで拡大表示]

 会場で、タブレット上で動いていたのはツェナワークスが発売する「Nyoqix」。おそらく“物理エンジン”を利用していると思われるリアルな挙動が特徴のアクションゲームだ。こちらも価格は550円と安価である。

リアルな物理的な挙動がおもしろい「Nyoqix」
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、SCEは「10月3日の時点で、30タイトル弱のゲームを用意する予定」(SCE広報)としている。

ゲームの自作もできるぞ!

 PS Mobileのもう一つの大きな特徴は、パソコンさえあれば誰でもゲームの作成ができること。iPhoneやAndroidと同じように、個人レベルでもゲームを作って、配信、収益を上げることが可能だ。これには「PlayStation Mobile SDK」というソフトウエア開発キット(SDK)のダウンロードが必要。SDK自体は無料なので、ぜひチャレンジしてみよう。

PlayStation Mobile SDKを使えば、誰でもゲーム開発が作れる
[画像のクリックで拡大表示]