PR

 今年のブシロードは今冬開始予定のスマートフォン向けゲームプラットホーム「ブシモ」と、今年初めに子会社化した新日本プロレスのスペシャルマッチ、カードゲーム「ヴァンガード」と3つのテーマに分かれた大規模なブースを展開。多くの人を集めていた。

「ブシロード」はスマホ向けソーシャルゲームプラットホーム「ブシモ」、新日本プロレス、カードゲームを軸に大規模ブースを展開
[画像のクリックで拡大表示]

 今冬開始のスマートフォン向けプラットホーム「ブシモ」は、基本無料のゲームを遊べるソーシャルゲーム系プラットホーム。他社と大きく異なるのは、提供するゲームがiPhoneとAndroid両方に対応したリッチアプリなのと、会員登録なしでもゲームを遊べる点。もちろん、会員登録すればゲーム内やSNSでのユーザー間のコミュニケーションサービスや、課金サービスを利用できる。

 ブースでは今冬のサービス開始と同時に提供される8つのゲームアプリを展示。「ミルキィ大富豪」といったブシロードのオリジナルコンテンツはもちろん、「恋愛リプレイ」や「魂狩デモンズトリガー」など開発会社と提携した作品を今後増やしていく予定だ。

今冬開始のスマホ向けゲームプラットホーム「ブシモ」コーナー。8種類のゲームを実際に遊べる
[画像のクリックで拡大表示]
「ブシモ」対応ゲームを3つ遊ぶとクリアファイルをもらえる
「ブシモ」対応ゲームを3つ遊ぶとクリアファイルをもらえる
[画像のクリックで拡大表示]
アクションゲーム「大疾走!ミルキィホームズ ターボ」。フリック操作とスキルカードで逃げる怪盗を追い詰める
[画像のクリックで拡大表示]
恋愛シミュレーションゲーム「恋愛リプレイ」。声優によるボイスやLive2Dでのなめらかなアニメーションを楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]