PR

 The Linux Foundationは2012年9日19日(現地時間)、Automotive Grade Linux ワークグループ(WG)を発足させたと発表した。トヨタ自動車、日産自動車、デンソー、Jaguar Land Roverなどが参加。企業が製品開発に使用できるコミュニティ版のリファレンス(参照)プラットフォームを開発するとしている。

 The Linux Foundationは、Linus Torvalds氏がフェローとして在籍するLinux普及推進のための非営利団体である。2011年11月に日本でイベント「Automotive Linux Summit」を実施、トヨタやBMWが基調講演に登壇している(関連記事)。イギリスで2012年9月19日~20日に開催された第2回Automotive Linux Summitに先立ちAutomotive Grade Linux WGの発足が発表された。

 Automotive Grade Linux ワークグループにはこのほか、アイシン・エイ・ダブリュ、デンソー、Feuerlabs、富士通、Harman International Industries、Intel、NEC、Reaktor、NVIDIA、ルネサスエレクトロニクス、サムスン電子、Symbio、Texas Instruments(TI)、Tietoなどが参加する。

 Automotive Grade Linux ワークグループでは、モバイルおよび組み込み向けLinuxであるTizenプロジェクト(関連記事)と連携。デジタル計器盤や車載インフォテインメントなどの自動車アプリケーション向けに最適化された、基準となるリファレンスプラットフォームを開発し提供する方針である。