PR

 ヤフーとソフトバンクモバイルは2012年9月21日、「Yahoo!Japan」の有料会員サービスであるYahoo!プレミアムで協業すると発表した。Yahoo!Japan IDとソフトバンク携帯の電話番号の連携や、ソフトバンクショップ店頭での会員登録などが可能になる。

 ヤフーはまず10月1日から、Yahoo!プレミアム会員向けにスマートフォン用コンテンツを拡充する。占いや乗り換え案内など1000種類以上の専用コンテンツを、月額399円のYahoo!プレミアム会員料金を支払えば使い放題とする。これは契約する携帯電話事業者によらず、スマートフォン利用者であれば誰でも利用できる。コンテンツ拡充のほか、10月1日以降は個人でECサイト運営が可能な「Yahoo!バザール」、動画配信サービス「Gyao!」での映画の無料配信などのプレミアム会員向け特典を順次追加していく計画である。

 ソフトバンクモバイルとの協業で実現するのは、(1)Yahoo!Japanへの携帯電話番号によるログインと(2)ソフトバンクショップでのYahoo!プレミアム会員登録である。いずれも10月1日から申し込み受付を開始する。

 携帯電話番号によるログインは、ソフトバンクモバイルとヤフーが両社の契約者情報を連携させて実現する。Yahoo!Japanにログインする際に、IDの代わりに携帯電話番号が使えるようになる。パスワードはYahoo!Japan IDで登録した文字列を入力する。

 ソフトバンクショップの店頭での会員登録は、ソフトバンクモバイルの回線契約者が対象となる。「Yahoo!プレミアム for Softbank」の会員として登録し、2カ月分の会員料金を無料とする。また無料期間経過後は、ソフトバンクの携帯電話料金とまとめてYahoo!プレミアム for Softbankの会員料金を支払えるようにする。

[発表資料へ]