PR

 スマートフォンゲームコーナー/ソーシャルゲームコーナーの一角に、Xperiaシリーズのスマートフォンやタブレットを販売するソニーモバイルコミュニケーションズが、スペシャルエリアを開設。最新のXperia端末と、そこで楽しめるゲームを展示している。

 なかでも注目したいのは、Xperiaシリーズのブランドを冠した初のタブレット「Xperia Tablet S」。9月15日に発売されたばかりのこの機種は、9.4インチのディスプレイやクアッドコアCPUの「Trega 3」などを搭載したハイエンドモデルながら、前機種に当たる「Sony Tablet」よりも軽量・薄型化がはかられているのが特徴だ。

 同エリアでは、最新のXperiaスマートフォンに加えて、Xperia Tablet Sもしっかり展示されている。秋に配信が予定されているKONAMIの「Jubeat Plus」のAndroid版や、クロスプラットフォームのゲーム配信サービス「PlayStation Mobile」で配信予定のゲームなど、Xperia Tablet Sに対応したゲームを実際に触れて楽しむことが可能だ。

 タブレットに興味がある人や、Xperia Tablet Sの購入を検討している人は、ゲームをプレーするついでにその感触を試してみては如何だろうか。

ソニーモバイルコミュニケーションズのスペシャルエリア。Xperiaシリーズのスマートフォンやタブレットを展示
[画像のクリックで拡大表示]
発売されたばかりのタブレット「Xperia Tablet S」でゲームを楽しめる。写真はPlayStation Mobile向けのタイトル「Nyoqix」
[画像のクリックで拡大表示]
秋にGoogle Playでの配信が予定されている、Android版の「Jubeat Plus」も先行して体験できる
[画像のクリックで拡大表示]
裏面には“Xperia”のロゴがある
[画像のクリックで拡大表示]
ガラスケース内ではあるが、Xperia Tablet S向けの周辺グッズなども展示
[画像のクリックで拡大表示]