PR

 今年で4回目を迎える「iLOVE iPhone in TOKYO GAME SHOW」。今回は、最新の「iPhone 5」の発売日である9月21日に開催される奇跡的なタイミングとなった。イベントでは、これまでのiOS用のゲームアプリ市場を振り返り、最新のトレンドをスマートフォンコーディネイターの大野泰敬氏が解説。iOS用の大人気アプリを手がける開発者も登場し、どうやってヒット作を生み出しているのか、これからどのようなタイトルを投入するのか、ここだけでしか聞けない話を惜しげもなく披露した。

司会も務めたスマートフォンコーディネイターの大野泰敬氏
司会も務めたスマートフォンコーディネイターの大野泰敬氏
[画像のクリックで拡大表示]

 まずスマートフォンコーディネイターの大野泰敬氏がiOSゲームアプリの変遷を振り返った。同氏によるとiOSゲームアプリの変遷は以下の通り。

●2007年、2008年「iPhone 3」…海外アプリと個人開発者のアプリがランキングの上位を占め、日本語アプリは少なかった。

●2009年「iPhone 3G」…iOS用ゲームアプリに国内大手メーカーが参入。個人開発者のアプリがトップ10に入る機会が減った。

●2010年「iPhone 4」…国内大手メーカーのアプリが上位を独占。アプリ内課金モデルが登場。

●2011年「iPhone 4S」…家庭用ゲームの人気ゲームがiOSゲームアプリに増加。価格が大幅に下がり、無料で配布されるアプリが一気に増えた。

●2012年「iPhone 5」…低価格化が進み、85円のものが増加。セールスランキングのトップがすべて0円のアプリとなった。

 iOSゲームアプリの最近のトレンドは、アプリ内課金やソーシャルゲームの台頭だ。GREEやgloopsなどTGS 2012でも大きなブースを構えていることからもその流れが見て取れる。「フリーミアム」と呼ばれるビジネススタイルで、たくさんの人に長く使ってもらって収益を生み出すアプリが2012年の主役となった。

 また、大野氏は早朝に購入したiPhone 5でのゲームプレイを披露。「読み込みスピードが速く、ストレスなくゲームが楽しめるようになった。バッテリーや持ちやすさもiPhone 4Sより改善されている」と感想を述べた

 大野氏に続き、5社の代表者が登壇してプレゼンテーションをした

発売されたばかりのiPhone 5とiPhone 4Sのゲームパフォーマンスを比較。起動は圧倒的にiPhone 5が速かった
発売されたばかりのiPhone 5とiPhone 4Sのゲームパフォーマンスを比較。起動は圧倒的にiPhone 5が速かった
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料