PR
写真●「BBマルシェ by 大地を守る会」の利用画面
写真●「BBマルシェ by 大地を守る会」の利用画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクBBは2012年10月1日、有機野菜や自然食品などの販売を手掛ける「大地を守る会」と組み、ブロードバンドサービスの利用者向けに食品宅配サービス「BBマルシェ by 大地を守る会」を始めたと発表した。「安心・安全」な野菜や果物を全国に送料無料(一部の離島や島しょを除く)で届ける点を売り物に顧客を獲得し、ARPU(契約当たりの月額平均収入)の底上げにつなげる。

 新サービスは、「Yahoo! BB」ならびに提携ISPが提供する「SoftBank ブロードバンドサービス」のオプションとして展開する。利用料は月480円。厳しい生産基準で栽培した野菜や果物を年間累計で約3500品目そろえ、ネット経由で注文を受け付ける。購入料金の1%をポイントとして還元し、利用者は次回以降の購入代金に利用できる。「Yahoo! BB」と同時の新規加入で利用料を2カ月間無料とするほか、12月30日配送分までは通常の5倍のポイント(5%)を還元するキャンペーンも実施する。

 食材の価格は、大地を守る会が自ら展開するサービスと基本的に同じ。ただ購入金額や回数の制限がなく、送料が安くなっているという。2000円相当の季節の野菜などを約半額(980円)で提供する「BBマルシェお試しセット」のほか、厳選した旬の食材を定期的に届ける「とくせん定期便」(月3800~4800円)などを用意する。提携農家を訪問して収穫を体験できる「産地収穫イベント」も計画している。

 大地を守る会は1975年設立。「農薬不使用率75%」や「化学調味料や食品添加物は原則不使用」などの厳しい生産基準を設けており、2012年3月末時点の宅配サービス利用者数は約9万5000人、生産者の会員数は約2500人。ソフトバンクBBとの提携により、Yahoo! BBの会員、約424万回線(6月末時点)に販路を広げ、まとまった会員を獲得できるメリットを見込める。現状、資本提携は予定していないという。

 NTTドコモも今春、らでぃっしゅぼーやを買収しており、スマートフォン利用者などに有機野菜を販売する方針を打ち出している(関連記事)。