PR
MSN for Windows 8の画面
MSN for Windows 8の画面
[画像のクリックで拡大表示]

 米Microsoftは現地時間2012年10月1日、同社のポータルサイト「MSN」の刷新について発表した。次期OS「Windows 8」と次期ブラウザー「Internet Explorer(IE)10」に最適化したバージョンを、Windows 8の正式リリースと同じ10月26日に公開する。

 Windows 8に合わせてユーザーインタフェースをデザイン変更した「MSN for Windows 8」は、見やすくシンプルな画面でタッチ操作に対応する。タイル状に記事を掲載することで、ユーザーはタイルの大きさから記事の重要性を判断できる。

 IE 10の高速レンダリングにより、全体的な使用体験を損なうことなく写真、動画、スライドショーを手軽に視聴することが可能。「Flip Ahead」機能ですばやく記事から記事へ移動したり、「Snap」機能で画面を分割して異なるページのコンテンツを同時に表示したりできる。ページ読み込みは従来のMSNサイトと比べ2倍高速という。

 また、ニュース収集源として新たに米Associated Pressおよび英Reutersと提携を結び、ニュースサイト「MSN News」の強化も進める。

 Microsoftによると、MSNは1カ月当たり4億8000万人以上のインターネットユーザーが訪れているという。

[発表資料へ]