PR
図●TVデータ分析画面(テレビCM)
図●TVデータ分析画面(テレビCM)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTデータは2012年10月2日、SaaS型マーケティングリサーチサービス「なずきのおと」で、テレビ番組・テレビCMの放送実績情報(放送内容、放送時分秒など)と合わせて、ソーシャルメディア上の情報を検索・分析可能な「TVデータ分析」機能の提供を開始したと発表した。

 この機能によって、東京エリア6局のテレビ番組・テレビCMの放送実績をなずきのおと上で取得できるようになる。これにブログやTwitterでの評判情報を組み合わせることで、テレビ番組や番組で取り上げられた商品、テレビCMの反響を多角的に調査できる。なお、TVデータ分析で用いる放送実績情報は、エム・データが提供する。

 なずきのおとでは、ニュースやブログ、Twitterと社内で保有する情報(アンケート、コールセンター、売り上げ)などのクロス分析機能を提供しており、ブランド調査、売り上げ予測、プロモーション効果測定、コールセンターへのコール内容予測などに活用されている。これまでテレビの情報とソーシャルメディアの情報を合わせたクロス分析を行うには、放送実績をユーザー自身が調査・検索しなくてはならず、実績情報の把握にコストや時間がかかっていたという。

 TVデータ分析機能の提供により、テレビ番組・テレビCMの放送実績をなずきのおと上で取得できるようになり、なずきのおとが分析対象としているブログ、Twitterなどの情報とのクロス分析をより手軽に実施できるようになる。また、自社の商品やテレビCMだけでなく、競合他社の情報についても同様に調査できる。

 価格は、テレビ番組の放送実績データまたはテレビCMの放送実績データのいずれか一方の提供で月額5万円、テレビ番組とテレビCMの放送実績データ両方の提供で月額7万円。いずれもなずきのおとのオプションメニューで、なずきのおとは初期費用15万円、月額9万5000円から利用できる。Twitterなどとの同一画面上でのクロス集計機能は今後提供予定。

[発表資料へ]