PR

 英会話スクール運営のGabaは2012年10月2日、就職活動にSNSを利用する“ソー活”についての調査結果を発表した。就職活動を経験した大学生・大学院生が利用したSNSは「Facebook」と「Twitter」が多く、過半数が利用目的に「志望企業の情報収集」を挙げた。

 大学生・大学院生が現在利用しているSNSは「Twitter」が最も多く58.7%。以下、「mixi」(56.5%)、「LINE」(43.9%)、「Facebook」(42.5%)、「Mobage」(40.6%)、「GREE」(37.1%)の順。学年別に見ると、1年生で「LINE」、2、3年生で「Twitter」、4年生で「mixi」がそれぞれトップとなり、世代によって傾向が違うことが分かった。

 「就職活動に役立つと思うSNS」では「Facebook」が61.7%と際立って高く、「Twitter」(39.3%)、「LINE」(10.6%)、「mixi」(10.6%)と続いた。また、実際に就職活動で利用したSNSを就職活動経験者に聞いたところ、「Facebook」が25.4%、「Twitter」が21.6%だった。

 就職活動でのSNSの利用理由・目的は、「志望企業の情報収集のため」が55.1%、「友人・知人が利用していたから」が43.5%、「就活仲間との情報交換のため」が38.2%。また、SNSを利用して訪問したOB・OGは平均は1.1人で、SNSを人脈構築に使うケースは少なかった。

 大学生と大学院生を対象に実施した携帯電話によるインターネット調査。有効回答数は1000人(就職活動経験者、未経験者同数)。調査期間は9月13日~21日。