PR
写真●個人ユーザー向け投稿宣伝機能「Promoted Posts」
写真●個人ユーザー向け投稿宣伝機能「Promoted Posts」
[画像のクリックで拡大表示]

 米Facebookは現地時間2012年10月3日、投稿を目立たせる機能「Promoted Posts」の米国ユーザー向けテスト提供を開始したと発表した。同機能は5月にニュージーランドでテストが始まり、現在20カ国以上で公開されている。

 Promoted Postsを利用すると、自分の投稿を友達のニュースフィード上により目立つように掲載できる。例えば、結婚式の写真やガレージセールの告知、重大ニュースなど特に注目して欲しい投稿を、友達や購読者のニュースフィードの上位に長い間表示させておくことが可能になる。

 コンテンツを投稿すると、「Like(いいね!)」や「Comment(コメントする)」などと並んで「Promote」ボタンが新たに表示される。Promoteボタンを使って設定したコンテンツには「Sponsored」の表示が付く(写真)。Promote設定したことによって当該コンテンツを目にする相手がどれくらい増えたかも確認できる。

 同機能は、友達および購読者が5000人未満の個人ユーザーを対象としている。米メディア「PCMAG.COM」の報道によると、同機能を利用するには7ドルを支払う必要がある。

 なお、Facebookはこれとは別に、企業やブランド用プロフィールページ「Page」の管理者向け広告商品として、投稿をファンのニュースフィード上に表示する同様の宣伝機能をすでに提供している。

[発表資料へ]