PR

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2012年10月3日、同社のクラウドサービス「IIJ GIO仮想デスクトップサービス」に、「ZeroDay攻撃対策オプション」、「端末認証オプション」、「アンチウイルスオプション」の3つのセキュリティオプションを追加し、10月から提供を開始したと発表した。

 IIJ GIO仮想デスクトップサービスは、利用中のWindowsデスクトップ環境とWindowsアプリケーションを仮想化し、同社が運営するデータセンター(IIJ GIOデータセンター)を基盤としてネットワーク経由で利用できるようにする法人向けサービスである。仮想化ソフトには米シトリックスのXenDesktopとXenAppを利用。オフィスLAN、WAN、公衆無線LAN、3G、LTE、ADSL、光回線などネットワークの種類を問わず、携帯電話やシンクライアントからも利用できるのが特徴。今回、同サービスに下記の3つのセキュリティオプションが新規追加された。

  • 「ZeroDay対策オプション」
     フォティーンフォティ技術研究所が開発した標的型攻撃対策ソフトウエア「FFR yarai」を用いてプログラムの動作を解析し、未知の脆弱性を悪用するゼロデイ攻撃や、Web感染型マルウエアの検知・防御を行う。
  • 「端末認証オプション」
     ベーステクノロジーの認証ソフトウエア「QuiX端末認証」により、各端末に認証鍵を配布してサーバーで認証する仕組みを提供する。事前に登録された端末以外のリモートアクセスを禁止することで、不正アクセスや情報漏えいのリスクを低減する。
  • 「アンチウイルスオプション」
     トレンドマイクロの「ウイルスバスター コーポレートエディション」を利用したアンチウイルスサービス。複数端末でウイルススキャンを同時実行することができる。