PR

 フジテレビジョンは、ファイルベース(MXF形式)上で動作するラウドネス運用基準に対応するアプリケーションをフジミックと共同開発し、系列への番組配信システム「FileX(ファイレックス)」で運用を開始した。

 このアプリケーションはMXFファイルのままでラウドネス値測定を行い、測定値が規格値よりも高い場合には規定値に収まるよう自動的にレベル調整を行う機能を搭載する。「一連の処理(測定~レベル調整~再測定)に要する時間は放送実尺の3分の1程度で、作業の効率化が図れる」「汎用的な測定器では放送実尺以上の時間を必要とする」としている。MXFファイル上での自動レベル調整機能および処理時間の高速化機能は、「国内初の開発」という。

 今後については、「このアプリは番組素材だけでなくCM素材にも応用でき、他の放送設備との連携も可能」「高い汎用性を生かし、今後適用範囲の拡大も検討していく予定」としている。