PR

 フォティーンフォティ技術研究所は2012年10月12日、ゲートウエイ型標的型攻撃対策製品「FFR tabaru」の出荷を開始する。サーバーにインストールして動作させるソフトウエアとして提供する。価格は250万円から(税別)。

 FFR tabaru内にはユーザーのIT環境を模した仮想マシンを複数搭載する。仮想マシンにWebアクセスを行わせることで、マルウエアをダウンロードさせるような悪性のコンテンツか否かをチェックする。FFR tabaruはマルウエア対策ソフト「FFR yarai」と同様のエンジンを備える。

 FFR tabaruによるWebアクセスは自動巡回となる。LANスイッチのミラーポートで通信をキャプチャすることで、ユーザー企業の社員が実際にアクセスしているURL情報を取得できる。このURLに自動巡回することで、社員が悪性コンテンツにアクセスしているかどうかを可視化できる。

 プロキシーサーバーと連携すれば、可視化だけでなく防御も可能だ。ICAP(Internet Content Adaptation Protocol)を利用して、FFR tabaruはプロキシーサーバーからURL情報を取得する。悪性コンテンツが検知された場合は、ICAPを利用してURLフィルタリングを実施して、マルウエア配布サイトへのアクセスや外部への情報送信を防ぐ。