PR
図 視聴方法
図 視聴方法
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは2012年10月9日、専用スティックを挿すだけで、新作映画など約4万本の映像作品や、専門チャンネルなどがテレビで視聴できる「SoftBank SmartTV」(スマテレ)の提供を、2012年12月上旬以降に開始すると発表した。

 スマテレは、映像配信サービス「TSUTAYA TV」の新作映画など約4万本の映像作品や、多チャンネルサービス「BBTV NEXT」の50以上の専門チャンネル、無料映像配信サービス「GyaO!」の2000本の映像作品など各種コンテンツをテレビの大画面で楽しめる。自宅で利用中の固定ブロードバンドの無線LAN環境の下で、専用スティックを挿したテレビを、ソフトバンクモバイルのスマートフォンにインストールした専用リモコンアプリで操作するだけで、高画質な映像コンテンツ(最大1080i)を見ることができる。利用料金はソフトバンク携帯電話の利用料金とまとめて支払うことができる。

 スマテレの利用料金は月額490円。TSUTAYA TVやBBTV NEXTの利用には別途料金がかかる。スティックは、HDMI端子から映像信号を出力する。また、スティックの動作に必要な電力は、USB端子から供給する。このため、視聴にはHDMI端子およびUSB端子(供電用)が搭載されたテレビが必要となる(図1)。

 TSUTAYA TV(提供元はTSUTAYA.com)は、新作映画など約4万本の中から好みの作品をレンタル視聴できる(1本100円から)。月額980円のコースに加入すると、4500本の中から好みの作品を毎月20本まで選んでレンタル視聴できる。なお、TSUTAYA TVはスマートフォンでも視聴可能で、テレビで途中まで見た映像の続きを外出先でスマートフォンから視聴することもできる。

 BBTV NEXT(提供元はTVバンク)は、アニメ、海外ドラマ、スポーツ、映画、ドキュメンタリーなど50以上の専門チャンネルの映像作品を、月額2625円で利用できる。 GyaO!(提供元はGyaO)は、最新の劇場映画の予告編や音楽クリップなど2000本の映像作品(サービス開始時は300本程度)が無料で視聴できる。

 このほか、UULA(エイベックス・グループ・ホールディングスによる10月5日の発表資料(PDF))が今後提供する映像の定額制配信サービスも「スマテレ」で提供する予定。

[発表資料へ]