PR
写真●富士通が参考出展している現場の作業を効率化するアプリケーション
写真●富士通が参考出展している現場の作業を効率化するアプリケーション
[画像のクリックで拡大表示]

 2012年10月10日から東京ビッグサイトで開催している「ITpro EXPO 2012」で、富士通がAR(拡張現実)を使って現場の作業を効率化するアプリケーションを参考出展している。作業員が事務所に帰る手間を省いたり、技能伝承を円滑に進めたりできるようになるという。

 このアプリケーションを搭載したタブレット端末やスマートフォンのカメラで、例えば配管などに取り付けたARマーカーを読み取ると、配管の種類や型番、交換時期などの情報を参照できる(写真)。その場で「配管にひびを確認しました」という具合にコメントを書き込むことも可能だ。「次に別の作業員がその現場を訪れても、不具合などの情報を正確に把握できる」(富士通)。業務手順をテキストや画像、動画で残すことで、若手や新人への技能伝承を促す機能も盛り込んでいる。

 富士通は2013年春からの販売を目指す。「Android」や「iOS」への対応を予定している。2012年10月中旬から約2カ月、顧客企業で実証実験を進め、効果などを見極める。