PR
次世代ネットワーク「SoftBank 4G」対応のモバイルルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」。ファーウェイ製
次世代ネットワーク「SoftBank 4G」対応のモバイルルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」。ファーウェイ製
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクモバイルは、「SoftBank 4G」対応のモバイルルーター「ULTRA WiFi 4G SoftBank 102HW」(Huawei製)を2012年10月19日に発売する。下り最大110Mbps/上り最大10Mbpsの高速通信(AXGP方式)が利用できる。価格はオープン。月月割を適用すれば実質負担金0円となる。

 SoftBank 4Gのエリア外では、下り最大42Mbps/上り最大5.7Mbpsの「ULTRA SPEED」(DC-HSDPA、HSPA+方式)を利用。自動回線切替機能によって「ソフトバンクWi-Fiスポット」(公衆無線LAN)にも接続する。

 無線LANルーター機能は、最大300Mbps(規格値)のIEEE802.11nに対応し、無線LAN端末を最大10台まで同時接続できる。また、microSDXC対応カードスロットを備え、メモリーカード内のファイルを端末間で共有するNAS機能を持つ。

 バッテリー容量約3000mAhで、待ち受け時間は最大400時間。データ通信時間は最大8.5時間(ともにAXGP方式の場合)。本体寸法は幅104.8×高さ66×奥行き15.5mm、重さ約135g。

 発売に合わせて、1回線目にスマートフォンまたはiPhone/iPadを契約していると、2回線目のSoftBank 4G向け料金プラン「4Gデータし放題フラット」が割り引きになるキャンペーンを実施する。通常の月額5985円を4410円とする。