PR
画面●SLES11SP2 for SAPのインストーラー
画面●SLES11SP2 for SAPのインストーラー
[画像のクリックで拡大表示]

 ノベルは2012年10月11日、SAPアプリケーション向けプラットフォーム製品の新版「SUSE Linux Enterprise Server 11 Service Pack2 for SAP Applications(SLES11SP2 for SAP)」の提供を開始した。インメモリー型データベース「SAP HANA」に合わせてチューニングされた“SAP HANA専用OS”である。今回、Linuxカーネル 3.0ベースの「SUSE Linux Enterprise Server(SLES)11 Service Pack2」の採用により、従来版に比べパフォーマンス向上などを図った。価格は個別見積もりである。

 「SUSE Linux Enterprise Server for SAP Applications(SLES for SAP)」は、SLESとSAPアプリケーションをまとめて導入するためのインストーラーを提供。短時間でSAPアプリケーションの展開を可能にする(画面)。また、「Linuxカーネルのページキャッシュを制限し、SAP HANAがより多くのメモリーを使えるようにチューニングしてある」(ノベル テクニカルセールス・スペシャリストの栗田岳史氏)。

 新版のSLES11SP2 for SAPでは、パフォーマンス向上を図ったほか、仮想化環境「Linux Container」を新たにサポート。アンチウイルスソフト「ClamSAP」も標準搭載した。