PR
写真●Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム BIアプライアンスの利用画面例
写真●Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム BIアプライアンスの利用画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 日立製作所は、2012年10月10日~12日まで開催しているイベント「ITpro EXPO 2012」で、新製品の「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム BIアプライアンス(HADB プラットフォーム BIアプライアンス)」を展示している。

 この製品は、ビジネスインテリジェンス(BI)業務向けのアプライアンスサーバー。日立製作所とDTSが共同で開発した。日立製作所が開発した基盤ソフトウエア「Hitachi Advanced Data Binder プラットフォーム(HADB プラットフォーム)」に、DTSのBIツール「BI NavigationStudio(BINaS)」を組み合わせた。ハードウエアには日立製作所製のサーバー機およびディスクアレイ装置を使う。販売開始は10月10日から。販売元はDTS。

 基盤ソフトウエアのHADB プラットフォームは、「非順序型実行原理」という処理手順に基づいたデータベースエンジンを持つ。日立製作所によれば、従来型のRDBを使う場合に比べて約100倍高速なデータ検索処理が可能。「大量のデータを短時間で分析したいという顧客企業のニーズに対応できる」(説明員)。日立製作所による評価では、1.5Tバイトのデータに対する分析作業に従来13.5時間かかっていたのが7.5分に短縮化できたという。

 HADB プラットフォームのデータベースエンジンは日立製作所と東京大学の共同開発。こちらは単体でも販売しており、6月から出荷を開始している(関連記事)。

 BIツールであるBINaSの特徴は、操作性を高めるためのナビゲーション機能にある(写真)。顧客データの分析など典型的なデータ分析処理の手順をユーザーにガイドする。これにより、データ分析に関する専門知識のない現業部門のユーザーでもデータ分析処理が進められるようにした。データ分析処理の手順やユーザー向けの画面はカスタマイズ可能。

 HADB プラットフォーム BIアプライアンスは2012年10月11日、「ITpro EXPO AWARD 2012」の大賞を受賞した。