PR
写真●InfoMesh Mobileでスマートデバイス向けに変換したWeb画面
写真●InfoMesh Mobileでスマートデバイス向けに変換したWeb画面
[画像のクリックで拡大表示]

 ニューソンは、2012年10月9日に発表したスマートデバイス向けのWeb画面変換ツール「InfoMesh Mobile」を、10月10日に東京都内で開幕した「ITpro EXPO 2012」に出展している。既存のWebシステムを一切変更することなく、画面だけをスマートフォンやタブレット端末といったスマートデバイスに最適な内容に変換するツールである。PC用に作られたワークフローシステムの決済承認画面を変換し、iPadやiPhoneから容易に操作できる様子を見せている(写真)。

 InfoMesh Mobileは、WebシステムがPC向けに出力したHTMLファイルのうち、定義ファイル(XML形式)で指定された表示項目を自動的に抜き出して、JSP(JavaServer Pages)で記述されたテンプレートに差し込む。スマートデバイスでのレイアウトは、別途CSSファイルに記述しておく。定義ファイルやJSPファイル、CSSの作成は同社に依頼することも、ユーザー企業が自ら作ることも可能。PC用の複数の画面を、スマートデバイス向けに一つの画面に統合することもできる。データ漏洩を防ぐ対策として、Microsoft WordやPDFなどの文書ファイルをイメージデータ(形式はJPEG)に変換する機能を備える。

 対象スマートデバイスはWebブラウザーが動作するものであれば、機種は問わない。InfoMesh Mobileは、Java VMを搭載したWindowsまたはLinuxサーバー上で動作する。価格はオープン、出荷開始は2012年11月1日。