PR
写真1●Windows 8のスタート画面に表示されたCitrix Receiverのアイコン(一番上の段の左から2番目にある緑色のタイル)。画面上のExcelとPowerPointのアイコンは、Citrix Receiverを通してサーバーから配信されるものだ
写真1●Windows 8のスタート画面に表示されたCitrix Receiverのアイコン(一番上の段の左から2番目にある緑色のタイル)。画面上のExcelとPowerPointのアイコンは、Citrix Receiverを通してサーバーから配信されるものだ
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●Citrix Receiverを起動したところ。Windows 8スタイルのUIを採用している
写真2●Citrix Receiverを起動したところ。Windows 8スタイルのUIを採用している
[画像のクリックで拡大表示]

 シトリックス・システムズ・ジャパンは、2012年10月10日から東京ビッグサイトで開催中のITpro EXPO 2012展示会で、Windows 8のタッチインタフェースに対応した仮想デスクトップ用のクライアントソフト「Citrix Receiver」のプレビュー版を参考出展している。

 Citrix Receiverは、サーバー上の仮想デスクトップ環境やデスクトップアプリケーション配信サーバーなどにアクセスするためのクライアントソフト。WindowsやMac、LinuxのPCはもちろん、iOSやAndroidなどのスマートデバイスにも対応している。

 今回参考出展したCitrix Receiverは、Windows 8の新しいユーザーインタフェース(UI)に合わせ、操作性を最適化している点が特徴だ。Windowsストアアプリとして提供され、Windows 8スタイルのUI(スタート画面)から直接起動できる(写真1)。従来のCitrix ReceiverをWindows 8で利用する場合は、Windows 8のUIを従来型に切り替えたうえでCitrix Receiverを起動する必要がある。

 Citrix Receiverを起動してログインすると、そのユーザーが利用可能なデスクトップアプリケーションが一覧表示される(写真2)。この中から頻繁に使うアプリケーションをWindows 8のスタート画面に表示させることも可能だ。

 Windows 8向けのCitrix Receiverは年内にリリースされる予定。