PR
写真1●「Bizホスティング Enterprise Cloud」のポータル画面
写真1●「Bizホスティング Enterprise Cloud」のポータル画面
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●「Bizホスティング Enterprise Cloud」のデータセンター内でOpenFlowを使って仮想ネットワークを実現した際のイメージ(パネル右上)
写真2●「Bizホスティング Enterprise Cloud」のデータセンター内でOpenFlowを使って仮想ネットワークを実現した際のイメージ(パネル右上)
[画像のクリックで拡大表示]

 NTTコミュニケーションズは2012年10月10~12日に東京ビッグサイトで開催中のITpro EXPO 2012展示会で、OpenFlowプロトコルを利用したクラウドサービスのデモを公開している。

 場所は展示会場内の特設エリア「OpenFlow/SDNランド」。NTTコミュニケーションズのブースから、同社のクラウドサービス「Bizホスティング Enterprise Cloud」にリモートで接続している。会場では顧客向けのポータルサイトから、ネットワークの構築を指示できる(写真1)。

 デモでは、まずユーザーがポータルから論理ネットワークの構築や、ファイアウォール、ロードバランサーなどの導入を指示する。すると、バックグラウンドでOpenFlowコントローラーがOpenFlowスイッチにメッセージを送り、ネットワークの経路を変更。ファイアウォール、ロードバランサーの機器をプールしている領域を経由してトラフィックが流れるようになる(写真2)。

 なお、デモでは見られないが、同サービスでは日本、香港など複数の場所に分散したデータセンター間の接続にも一部、OpenFlowの機能を使っている。具体的には、あらかじめ予約した日時に一時的に帯域を増やす「帯域バースト」サービスの実現に、OpenFlowを利用しているという。