PR
写真1●Policy Managerの画面。フルメッシュで構成した物理ネットワークに対し、エンドツーエンドで結びたい拠点を選ぶと、自動的に最適な経路を表示してくれる
写真1●Policy Managerの画面。フルメッシュで構成した物理ネットワークに対し、エンドツーエンドで結びたい拠点を選ぶと、自動的に最適な経路を表示してくれる
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●デモでは、離れた拠点間を仮想ネットワークで結び、映像を伝送する様子を確認できる。
写真2●デモでは、離れた拠点間を仮想ネットワークで結び、映像を伝送する様子を確認できる。
[画像のクリックで拡大表示]

 「ITpro EXPO 2012」内の特設エリア「OpenFlow/SDNランド」では、OpenFlowを使わないSDNソリューションを富士通が2種類展示している。1つはデータセンター内向けの「CNV」(関連記事)。もう1つは今回の記事で紹介する、拠点間を最適な仮想ネットワークで結ぶSDNソリューションだ。

 OpenFlowを使わない理由は、「富士通の装置を使っていれば、ネットワークに大きな変更を加えなくても導入できる」(説明員)という理由から。

 仕組みは、各拠点間で仮想ネットワークノードとなる富士通製の機器を設置し、ネットワークの経路ごとにまずはフルメッシュでトンネルを張る。ここで利用しているトンネリングプロトコルは、Ethernet over IPだ。

 続いて各ノード間の応答速度などの情報でトンネルの接続を制御できる「Policy Manager」という装置で管理する。こちらの装置では、GUI画面によってトンネルの構成図などを可視化できる(写真1)。ここで接続したい拠点間をそれぞれ選択すると、各ノード間の応答速度の情報などを使って、最短となる経路の候補順をPolicy Managerが計算し、表示してくれる。その候補から経路を選択すると、Policy Managerから各ノードへネットワーク設定のコンフィグ情報が送信され、拠点間を結ぶ仮想ネットワークが、最適な経路で確立される。

 デモでは、2つの離れた拠点間をPolicy Managerによって仮想ネットワークで結び、映像伝送する様子を確認できる(写真2)。このほか、離れた拠点にある電波遮へい検証設備を、ネットワーク越しで結んで利用するユースケースなどもあるとしている。